海外FX取引の注意点箇条書き

海外fx取引で使われるシステムは?

【ECN取引というシステムを採用している】

海外fxで取引をするメリットの一つとしては、約定力がとても高いということにあります。これは、ECN取引というシステムを採用しているからです。電子的にすべての取引を一括管理しているため、注文を出してから実際のマーケットにその注文が届き、注文が実行されるスピードが非常に速いのです。このスピードが遅いと、注文通りの取引をすることができなくなってしまって、注文が取り消されてしまうこともあります。時に、為替の変動が大きい時などは特に効力を発揮します。為替変動が大きい時こそが、FX取引の魅力とも言えますので、海外fxを利用する価値が非常に高いと言えるでしょう。一方で、日本国内のFX会社は違うシステムを使っているため、約定率が低い傾向にあります。

【最新のトレードシステムを採用している】

海外fx会社の多くはMT4と呼ばれる最新のトレードプログラムを使用しています。一方で、日本のFX会社では自前で開発したトレードプログラムを使用しているのが大半です。MT4は第三者の機関が開発したプログラムですので、汎用性が高く不正が発生しにくいという大きなメリットを持っています。さらに、開発、改善のスピードが速いので、常に最新の機能を活用できるという利点もあります。より使いやすいように日々改良されていますので、こうしたシステムを使えると取引の利便性も高まります。

【コンテストなどのキャンペーンを上手に開催】

海外fxはその運営システムにも国内会社とは異なる特徴が見られます。たとえば、海外fx会社ではしょっちゅうコンテストを行っています。その中身は、2週間の期間内で、どれだけ手持ちの証拠金を増やせることができるかを倍率で競うというものです。そのコンテストに勝利すると、FX会社から賞金が贈られ、時には数百万円の賞金を手にすることができます。金融関連の規制が厳しくないからこそできるキャンペーンで、トレーダーにとっては良い機会となります。