海外FX取引の注意点箇条書き

国内FXにはない海外fx取引の特徴は?

【取引方法の違いが大きい】

国内FXと海外fx会社の大きな違いの一つは、取引システムの差です。国内業者の場合は、店頭取引という形を採っています。これは、トレーダーがドルを購入するという注文を出しても、FX会社は実際にドルを買うことなく、コンピューター上にその記録を残すだけという方法です。FX会社にとっては取り引きのシステムが簡単になりますが、最大の欠点はトレーダーが儲かると会社が損をする可能性が高いということにあります。つまり、FX会社としてはあまりトレーダーに利益を上げられてしまうと困ることになるのです。一方で、海外fx会社はNDD取引という方法を採っています。つまり、トレーダーがドルを買いたいと言ったら、現実にドルを買うのです。そして、その得られた利益の一部を会社が手数料としてもらいます。そのため、トレーダーが儲ければ、その分会社も儲かるのでトレーダーの利益アップをサポートする姿勢が強いのです。

【ボーナスやキャンペーンを頻繁に行う】

海外の業者は規制が緩いということもあって、頻繁にキャンペーンやボーナスのプレゼントを実施しています。期間限定で指定以上の金額を入金したら、数パーセント分の上乗せをしてくれるなどのボーナスや、特定の取引において一定以上の実績を上げた人にプレゼントをするなどのキャンペーンです。こうした特典の恩恵に預かることができれば、取引にプラスして利益を得ることができますし、頑張ろうというモチベーションを得ることにもなります。

【スリッページのリスクが最小限】

FX取引はスピードが命という局面も出てくるため、注文と実際の取引の間の時間差がない方が有利です。その点、海外fxは電子取引のシステムを採用していますので、スリッページと呼ばれる時間差が生じることはほとんどなく、思った通りの取引ができるというメリットがあります。多くの海外fx会社では、1秒以下の取引の率などを公表していて、そのスピーディーさを売りにしています。