海外FX取引の注意点箇条書き

海外fx取引のための出金方法は?

【海外fx取引はドル建てで管理されることが多い】

日本国内のFX会社を利用する場合は、当然日本円で口座に入金しますが、海外fx会社の場合はドル建てで入金することが多くなります。入金の際に一度為替手数料が差し引かれることになりますので注意しましょう。そして、口座の管理はドルでなされますので、日本円での資金管理とは少し異なります。いくらか感覚的には複雑になりますが、慣れてしまえばさほど大きな問題とはならないでしょう。

【出金は海外送金という形を採ることになる】

海外fx会社にある口座に資金を持っている場合は、当然日本国内に資金があるのではなく、海外に資金が保留されている状態となります。そのため、取引によって得た利益を出金したいと思うのであれば、日本の銀行に送金してもらうことになります。海外送金という形になりますので、どうしても高額の手数料がかかり、3,000円から8,000円程度の手数料がその度に必要となります。そのため、出金はできるだけまとまった金額になるまで待ち、手数料の負担を減らすことが肝心です。また、海外送金手数料が安い銀行やサービスを探して、できるだけ手数料による利益圧縮を避けるようにしましょう。

【電子決済のサービスを使うとお得に出金できる】

このように海外送金という形で出金すると、どうしても手数料の負担が大きくなります。そのため、PayPalなどの電子決済システムを使う人が増えています。海外fx会社から電子決済システムへの出金は一回当たり数百円程度、会社によっては無料というところもあります。そして、電子決済システムから日本の銀行への出金は、高くても数百円くらい、5万円以上の出金だと無料というケースが多く見られます。せっかく得られた利益を無駄にしないためにも、こうしたサービスを使って効率よく海外fx会社から出金できるようにしておくと良いでしょう。少し手間はかかりますが、より利益率を上げるために重要なポイントです。