海外FX取引の注意点箇条書き

海外fxを使った取引は追証なし

【追証の必要があるとそれだけリスクが高まることも】

為替取引においての大きなリスクとなるのが、証拠金を担保としてレバレッジをかけて取引をしたものの、予想を裏切って為替が動いてしまうことです。損失の分が証拠金を上回ってしまうと、それを穴埋めするために追証と呼ばれるプロセスを踏まなければならなくなることもあります。これは、足りなくなった証拠金を足すために、さらに口座に資金を投入するということです。損失が大きくなればなるほど、後から追証をしなければならなくなりますので、大きなリスクとなります。

【国内FX業者では追証を求めるところが多い】

国内のFX会社では、こうした損失の穴埋めのための追証を求めるケースが多くなっています。というのも、国内FX業者は店頭取引という仕組みを採っていて、トレーダーが外貨を購入したことにしても、実際には外貨を買うことなく店頭の数字上でだけお金が動くことになるというシステムを採用しているからです。この仕組みによって、万が一大きな損失が生じると、それを穴埋めするための資金がなくなってしまいますので、顧客に追証を求めるようになるのです。つまり、国内のFX会社の利用は、損失によるリスクが大きくなる可能性が高くなることになります。

【海外fxの取引では追証が基本的にない】

一方で、海外fxの取引では、顧客が外貨を買うと注文したら、実際にFX会社は外貨を購入します。架空の取引ではなく現物が動きますので、万が一為替上の損失が発生したとしても、現物がありますので顧客から追証をする必要がないのです。そのため、トレーダーが取引によって損失を被ったとしても、さらに口座への追加入金を求められることがないので、リスクが最小限に抑えられるのです。このように、海外fx業者を使った取引では指定した自分の資金の中だけで取引をすることができて、それ以上のリスクを負うことがないという大きな利点があります。