海外FX取引の注意点箇条書き

海外fx取引のメリット レバレッジの高さ

【レバレッジとは?】

国内、海外を問わずFXをする際にはレバレッジという仕組みがとても重要になります。これは、実際に口座に持っている資金を基に、より高い倍率で投資ができる仕組みです。つまり、実際には口座に100万円しか入っていないものの、レバレッジが10倍であれば、1,000万円までを投資することができます。その分、少しの資金でもたくさんの投資ができることになりますので、利益を大きく上げることができるのです。

【日本のレバレッジ率は政府によって抑えられている】

日本の国内FX業者では、このレバレッジ率は最大で25パーセントに抑えられています。というのも、政府によって自分の持ち資金を超えての過剰な投資をすることがないようにするという目的のために、レバレッジ率が制限されているからです。そのため、為替の変動が大きくなると予想され、一気に利益を上げられるチャンスだと思っても、国内FX業者を使っていると、利益率がどうしても制限されてしまうことになります。

【海外fx業者はかなり高いレバレッジ率の恩恵にあずかれる】

一方で、海外fx業者はレバレッジ率に関する公的な制約を受けていないことが多いので、相当高い率でレバレッジをかけることができます。中には3,000倍まで可能というところもあります。それだけ一度に利益を上げられる割合が高くなりますので、短期間で稼げるという大きなメリットが生まれます。もちろん、逆に予想より為替が下がってしまった場合には、早めにロスカットされますし、証拠金よりも資金が減らされることはありませんので、リスクを最小限にしておくことができます。このように、海外fxを利用するメリットの一つは、レバレッジ率の高さにあり、高い利益を一気に上げられるという結果につながります。リスクが同時に高まってくるわけではなく、国内FX業者とそのあたりは変わりませんので、メリットがさらに際立つことになると言えるでしょう。